完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
目の疲れとはもうサヨナラ!眼精疲労から解放されるスッキリサイト
症状別・眼精疲労の原因まとめ
眼精疲労の正しい対策方法をチェック
眼精疲労の解消をサポートする健康成分について
特集!眼精疲労対策サプリメントを比較
眼精疲労の症状と対策TOP » 眼精疲労の解消をサポートする健康成分について » ビタミンA/ビタミンB群

ビタミンA/ビタミンB群

ビタミンAやB群は 眼精疲労を緩和させる働きがあります。その効果や効率的な摂取方法を解説しています。

ビタミンAとビタミンBの最強タッグで眼精疲労緩和!

ビタミンはAからEまで種類も豊富。ビタミンといえばビタミンCなどが一般的なところですが、こと目に良いとされるビタミンは、AとB群と言えるでしょう。

ビタミンAは人が赤や青といった色を感じる目の感光色素の生成を促進してくれます。明るいところから暗い所に入るとモノが見えにくくなる夜盲症や視力低下を防ぐ働きもあります。

主に動物性の食材に含まれている「レチノール」と植物性の食材に含まれる「β-カロテン」からビタミンAを摂ることができます。

もっと具体的に言えば、動物性食品はレバーやうなぎ、バター、卵黄、チーズ。植物性食品では人参やパセリ、わかめ、にら、ほうれん草に多く含まれています。

ビタミンBも眼精疲労に効果があると言われていますが、糖や脂肪の代謝分解でつくられる栄養素なので、それほど気にかけて摂取しなくても日常の食生活で大丈夫。

ただビタミンB1は水溶性のため体内にためておくことができず、多すぎた場合には尿中に排泄されるので適量を毎日摂ることが必要です。

特に目を酷使したりして疲れ目が気になる時にビタミンB1を意識して摂りいれましょう。

ちなみにビタミンAはとりすぎに注意。脂溶性であるためほぼ完全に吸収されてしまいますので、過剰摂取してしまう方が多いようです。だいたいの目安はレバー200gを毎日食べると過剰と言われています。

毎日の食べ物の中からビタミンAもBも摂ることが大切なのは言うまでもありませんが、なかなか量や数値を気にして摂取するのも大変なこと。上手にサプリメントを活用してみてください。

このサイトの人気ページ

 
ページの先頭へ