完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
目の疲れとはもうサヨナラ!眼精疲労から解放されるスッキリサイト
症状別・眼精疲労の原因まとめ
眼精疲労の正しい対策方法をチェック
眼精疲労の解消をサポートする健康成分について
特集!眼精疲労対策サプリメントを比較
眼精疲労の症状と対策TOP » 眼精疲労の解消をサポートする健康成分について » ルテイン

ルテイン

眼精疲労に効く健康成分であるルテイン。その特長や効能、含まれる食品について説明しています。

抗酸化作用で眼精疲労に効くルテイン

ルテインという健康成分は、主にカノテノイドと呼ばれる色素の一種で、野菜や果物、海藻などに含まれています。目という場所はどうしても活性酸素の被害を多く受けてしまいます。

特にパソコンを使って仕事や勉強をしている人は要注意。光の中でも特に、青色の光や、紫外線などが目にダメージを与え、活性酸素を発生させる原因ですから。

ルテインはもともと目の中に存在していて、抗酸化作用を発揮して、活性酸素から目を守ってくれます。もちろん老化の原因となる酸化を防いでくれるので、老化対策にも有効です。

もう少し詳しく説明すれば、ルテインは目の中の水晶体に存在しています。

これが目に豊富にあることで、白内障や緑内障のような視界を奪われる病気にも有効に作用してくれるのは、強い抗酸化作用のおかげという訳です。

このルテインは、特に目の黄斑部や水晶体に集中して存在します。

水晶体のルテインは青色光を吸収してフィルターの役割を果たし、黄斑部のルテインは網膜上で発生する活性酸素を無害化してくれる働きがあります(これが眼精疲労に効く大きな理由)。

ルテインが不足することで酸化が早く発生してしまうため、視力低下や目の病気を発症する可能性高くなってしまうのです。

ルテインには、フリー体ルテインとルテインエステルがあります。フリー体ルテインは、体内と同じタイプのルテインなので、そのまま吸収されるのが特徴。

ルテインエステルの場合、消化酵素の分解でエステルが取り除かれ、吸収されます。

ルテインが多く含まれる食物

  • 緑黄色野菜に多く含まれています。(ほうれん草、ブロッコリー、キャベツ、インゲンなど)

ルテインは1日に6mgくらいを摂取するのが望ましいとされています。

ただルテインを意識して決まった数値を毎日の食生活から摂るのは難しいかもしれません。効率的にとりたい場合は、健康食品などで補ってみてはいかがでしょうか。

このサイトの人気ページ

 
ページの先頭へ