完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
目の疲れとはもうサヨナラ!眼精疲労から解放されるスッキリサイト
症状別・眼精疲労の原因まとめ
眼精疲労の正しい対策方法をチェック
眼精疲労の解消をサポートする健康成分について
特集!眼精疲労対策サプリメントを比較
眼精疲労の症状と対策TOP » 頭痛や肩こりの原因は眼精疲労かも?

頭痛や肩こりの原因は眼精疲労かも?

眼精疲労の種類や原因について解説します。

疲れ目が進行すると眼精疲労の原因になる

長い間、目の疲れがたまって、目や体に不具合を起こしてしまう症状のことを眼精疲労と言います。
いわゆる疲れ目とは違って、一時的な症状ではなく、長期的な症状として現れます。

眼精疲労になると、痛みやまぶたの重み、眼球の乾き・かすみや充血、まぶたのけいれん、視力低下などの症状が目に現れます。
それが悪化すると、目だけでなく肩こり、吐き気、頭痛、食欲不振、イライラなど、全身に症状が現れます。

通常、眼精疲労の症状が現れるのは、もともと疲れ目の人が、とくに目を酷使したときなどです。
しかし、重症化してしまうと、ほんの少し目を使う作業でも、重い眼精疲労の症状が出てしまう場合があります。

眼精疲労の種類と原因

眼精疲労を専門的に分けると、5つの種類があります。

調節性眼精疲労

ピントを合わせる機能が低下してしまって起こる眼精疲労。
長い時間、パソコンなどの液晶画面を見なければならない仕事の人に多い、と言われます。
老眼や近眼が原因になる場合もあります。

神経性眼精疲労

視神経が疲れたり、異常をきたすことで起こる眼精疲労。
これも、液晶画面を長く見る人に多く発症します。

筋性眼精疲労

目を動かす筋肉などが、何らかの障害を持っているために起こる眼精疲労。
斜視の人によく見られます。

症候性眼精疲労

いろいろな病気が原因で起こる眼精疲労。
たとえば、目の病気では、結膜炎、角膜炎、白内障など。
他の病気では、糖尿病、高血圧、バセドウ病などが原因です。

不等像性眼精疲労

左右の視力のバランスが悪いために起こる眼精疲労。
不適切な視力矯正を長く続けてきた人以外にも、そもそも視力矯正を受けていない人でも発症する危険性があります。

あなたも予備軍かも…?VDT症候群

眼精疲労の分け方の中に、VDT症候群という独立した分類があります。
ビジュアル・ディスプレイ・ターミナルの頭文字です。

VDT症候群とは、パソコンやスマホなどの液晶画面を、長い時間操作する人に起こる体全般の不調のこと。
とくに眼精疲労となって現れる人が多いというデータがあり、プログラマーなどに多く見られます。
現代社会特有の眼精疲労と言えるでしょう。

このサイトの人気ページ

 
ページの先頭へ