完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
目の疲れとはもうサヨナラ!眼精疲労から解放されるスッキリサイト
症状別・眼精疲労の原因まとめ
眼精疲労の正しい対策方法をチェック
眼精疲労の解消をサポートする健康成分について
特集!眼精疲労対策サプリメントを比較
眼精疲労の症状と対策TOP » 眼精疲労の正しい対策方法をチェック » 食事・睡眠

食事・睡眠

日常生活のなかで眼精疲労を解消していくには、特にバランスの良い食事と規則正しい睡眠をしっかりととることが有効な手段と言えます。ここではそのふたつに絞って、どんな食事をとればよいのか?また快眠のためのポイントについて探ってみました。

眼精疲労を解消する食事とは?

目の疲れや充血、眼精疲労にお悩みなら、まずは普段の食生活を見直すことからはじめましょう。

目にとって良いとされ、今一番注目を集めているのが「アントシアニン」という物質です。

これはブルーベリーやナス、紫いもなどに含まれるポリフェノールの一種で、青紫色の天然色素をもっており、視覚機能を改善したり、目病予防に効果を発揮します。

また、目の細胞や粘膜の新陳代謝に欠かせないビタミンAや水晶体の透明度を保ち、白内障を予防してくれるビタミンC。

目の疲れ回復や充血を和らげたり、視力低下予防の働きがあるビタミンB群、目の血液循環を良くするビタミンEなど、ビタミン全般は眼精疲労に良いとされています。

  • [アントシアニン]…ブルーベリー・ビルベリー・カシス・黒豆・なす・ぶどう・紫芋・紫キャベツ・紫玉ねぎ・しそ・スイカなど。主に色の濃い青紫、黒、赤色の果物や野菜に多く含まれています。
  • [ビタミンA]…ほうれん草、ニンジン、小松菜、レバー、チーズ、うなぎ、あん肝、など。
  • [ビタミンC]…キウイ、ピーマン、グリーンピースなど。
  • [ビタミンB群]…うなぎ、海苔(のり)、いわし、豆腐など。
  • [ビタミンE]…アーモンド、落花生など。

眼精疲労には良質な睡眠が1番のクスリ

目の疲れを回復する手っ取り早くて、1番効果的な方法は、睡眠をしっかりととることです。人によってそれぞれだとは思いますが、1日平均して6~8時間くらいの睡眠時間をとるようにしましょう。

快適に眠るためには、部屋の照明はできるだけ暗めに。電球はオレンジや黄色味のあるものを選ぶとリラックスできます。

また、寝る前に重たい食事をとることも禁物。膨満感や消化不良で寝つきが悪くなりますから。だいたい寝る3時間前までに夕食をすませるようにしましょう。

コーヒーや紅茶、緑茶もカフェインが入っているので、おおよそ寝る4~5時間前までにしておくこと。

お酒もほどほどに。深酒は深い睡眠が得られず、夜中に何度も目が覚めてしまう原因になりますから。

規則正しい生活はカラダだけでなく、やっぱり目にも優しいのです。

このサイトの人気ページ

 
ページの先頭へ