完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
目の疲れとはもうサヨナラ!眼精疲労から解放されるスッキリサイト
症状別・眼精疲労の原因まとめ
眼精疲労の正しい対策方法をチェック
眼精疲労の解消をサポートする健康成分について
特集!眼精疲労対策サプリメントを比較
眼精疲労の症状と対策TOP » 眼精疲労の正しい対策方法をチェック » アイパック

アイパック

眼精疲労の対処方法の1つ、アイパックについて調べたことをまとめています。

アイパックの大まかな種類とそのやり方

目の周囲の血管を温める、または冷やすことで、血行をコントロールしようというのがアイパックの目的です。さっそく温める場合と冷やす場合、それぞれについて、概要とやり方を見ていきましょう。

ホットパックの概要

ホットパックでは、眼の中にあるピントを合わせるための筋肉や、目の周りにある筋肉を温めて解し、血行を改善していきます。

温熱効果で血管も広がるため、エネルギー源である酸素の供給や、疲労物質の効果的な除去が見込めます。

ただ、眼精疲労が行き過ぎて目に炎症(充血)等がある場合は、症状を更に悪化させてしまいかねないため、ホットパックはNG。こういった場合は、炎症を抑えるためにアイスパックを試してみることをおすすめします。

  • 具体的なやり方について

ホットパックのやり方は至ってシンプル。

水に濡らしたタオルをレンジで加熱(もしくはお湯に浸して固く絞る)し、それを目の周辺を覆うように乗せます。

そのまま10分ほどリラックスしているだけで完了です。ちなみに温度については、肌に乗せて温かいと感じる程度が適温とされています。

アイスパックの概要

目を酷使すると、目に酸素や栄養を供給するために血管が広がります。

これが眼精疲労時に充血が起こる主な理由なのですが、アイスパックは血管や筋肉を冷やして引き締めるため、この充血を解消するのにぴったりの対処法とされています。

もちろん、眼精疲労時以外にも、飲酒などが原因の目の充血にも効果的です。

  • 具体的なやり方について

こちらもホットパックと同様、そのやり方はいたって簡単です。

濡らしたタオルをビニル袋に入れ冷凍庫で30~1時間ほど冷やし、それを眼の周囲を覆うように乗せます。あとは、そのままリラックスするだけでOK。

1日の終りにホットパックとアイスパックを交互に行えば、眼精疲労に加え首・肩のコリまでばっちり解消できるはずです。

ただし、これらは即効性はありますが根本的に眼精疲労を解決してくれるわけではありません。

目の疲れに悩んでいるなら、こうしたその場しのぎの対処だけでなく、根本的な生活習慣の見直しを検討してみることをおすすめします。

このサイトの人気ページ

 
ページの先頭へ