完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
目の疲れとはもうサヨナラ!眼精疲労から解放されるスッキリサイト
症状別・眼精疲労の原因まとめ
眼精疲労の正しい対策方法をチェック
眼精疲労の解消をサポートする健康成分について
特集!眼精疲労対策サプリメントを比較
眼精疲労の症状と対策TOP » 症状別・眼精疲労の原因まとめ » 肩が凝る

肩が凝る

眼の疲れからくる肩こりや首のこり。眼精疲労と肩こりは密接な関係があります。その症状や原因、解決法を探っていきましょう。

血流不足が原因で起こる肩こりや眼精疲労の症状

肩こりも辛いですよね。いつも肩が重たくて気持悪いと、気になって仕事や勉強も捗りません。肩こりの原因も、やっぱり眼が関係してきます。

眼を使う仕事や作業、勉強を同じ姿勢で続けていると、筋肉が凝り固まり肩こりを引き起こしてしまうのです。

さらにそればかりか、眼痛・目のかすみ・まぶしさ・充血・吐き気・頭痛を患ってしまい、眼精疲労になってしまうのです。

これが重度になると睡眠を充分とったとしても改善しない場合があります。朝起きても肩が凝っているなんて人は要注意です。

瞬きをほとんどしないで集中したり、パソコン作業などでは目と対象物の距離が近いことも肩こりの原因となってしまいます。

肩こりは頭部という大変重いものを支えている頸部や背部の筋肉、すなわち僧帽筋、肩甲挙筋・棘上筋・棘下筋・三角筋・広背筋への負担が増して、筋肉の血管内で血流が滞ることによっておこる症状です。

血流が滞る原因として、眼の疲れは主要な役割を占めています。

だから肩こりや眼精疲労を予防するには、日頃の不摂生や運動不足、水分摂取不足にならないようにすることが大切。血液中の老廃物が多くなっても症状が悪化してしまいますので。

肩こりへの即効性のある有効な手だては、ストレッチやマッサージでしょう。

パソコン作業などで長時間同じ姿勢をとっている場合は、15分から30分に一度ストレッチをするようにしてください。

また日頃から栄養バランスの良い食事をして、適度な運動・トレーニングを行い、筋肉の血流を良好に保つことが大切です。

このサイトの人気ページ

 
ページの先頭へ