完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
目の疲れとはもうサヨナラ!眼精疲労から解放されるスッキリサイト
症状別・眼精疲労の原因まとめ
眼精疲労の正しい対策方法をチェック
眼精疲労の解消をサポートする健康成分について
特集!眼精疲労対策サプリメントを比較
眼精疲労の症状と対策TOP » 症状別・眼精疲労の原因まとめ » 頭が痛い

頭が痛い

頭痛の原因として眼精疲労の症状が疑われます。詳しい原因を探り、その対処法を解説しています。

頭痛の原因となる眼精疲労

眼精疲労はやっかいな頭痛の原因にもなりえるのです。特にひどい頭痛がする時は眼精疲労を疑ってみてください。

眼精疲労から起こる頭痛は「緊張型頭痛」と呼ばれています。頭に輪をかけられているような締め付けられる痛みと言えば分かりやすいでしょうか。

これもまたパソコンなどを見続けたり、同じ姿勢で作業したりすることが、もっとも悪い原因になっていると言われています。

首すじから肩にかけての筋肉の緊張や目の筋肉の緊張が、頭の筋肉にまで影響することで起こってしまう緊張型頭痛。疲労の溜まりがちな午後から夕方にかけて症状が悪化する人が多いようです。

またこのタイプの頭痛は、精神的なストレスが原因で起こることも多々あります。

対処法はやっぱりリラックス&ストレッチが1番。緊張型頭痛は、体と心のストレスによって首や肩の筋肉が緊張して起こる頭痛ですから、何よりもリラックスすることがポイントです。

仕事や作業の合間にこまめに休みをとって、ストレッチや軽い体操をして首や肩をリラックスさせましょう。

血流を良くするストレッチは、肩の上げ下げや首筋伸ばし、首回し運動をそれぞれ5回~10回繰り返してみてください。

緊張型頭痛には、気分転換をしてストレスを発散させたり、ゆっくりと入浴して体を温め、しっかり睡眠をとることも効果があります。

38~40℃ほどのぬるめのお湯にゆっくり漬かって、後頭部や首・肩を温めてみてください。

ストレス解消法には、足湯や浴槽にアロマオイルを入れるアロマテラピーも効果があります。ちなみに頭痛には、ラベンダーやローズマリーのアロマが良いとされています。

ガマンできない頭痛になったら、迷わず医師に相談しましょう

リラックスやストレッチでも頭痛が治らない場合は、やっぱり早めに病院へ行くべきです。頭痛の場合は神経内科か脳神経外科を受診してみましょう。

医師による診断のもとで、筋肉の緊張をとる筋弛緩薬や抗うつ薬、鎮痛薬などを処方してもらえます。

一般の市販薬で様子をみられる方も多いですが、頭痛は大病のシグナルとなっている可能性もあるので、違和感が長く続くようなら速やかに医師に相談してください。

このサイトの人気ページ

 
ページの先頭へ