完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
目の疲れとはもうサヨナラ!眼精疲労から解放されるスッキリサイト
症状別・眼精疲労の原因まとめ
眼精疲労の正しい対策方法をチェック
眼精疲労の解消をサポートする健康成分について
特集!眼精疲労対策サプリメントを比較
眼精疲労の症状と対策TOP » 眼精疲労と病気の関係 » 白内障

白内障

片方の目だけ視力が落ちたように感じたり、外出時に陽の光をまぶしく感じることはありませんか?単なる視力低下ではなく、白内障の症状である可能性もあ考えられます。

このページでは、白内障の症状や特徴、治療法などについて詳しくまとめています。

白内障と眼精疲労

白内障とは、通常は透明である目の水晶体が白く濁り、目に届く光をうまく集めることができなくなってしまう病気です。

加齢によって起こることが最も多いといわれていますが、外傷やアトピー性の皮膚炎などが原因となっている場合もあります。

白内障になると、視界が白いベールで被われたような状態になります。そのため、以前よりも目に負担がかかり眼精疲労になる可能性が高まります。

目が疲れやすくなっているだけだと思っていたら、実は白内障の症状だったというケースも・・・。

また、水晶体が濁ってしまったことでピントの調整がうまくいかなくなっているので、ものがブレて見えることが多くなります。

目に負担がかかり、慢性的な眼精疲労になるパターンが多いようです。

光をまぶしいと感じるようになったり、物が見えにくくなったりした場合にも、安易に自己判断せず、気になる症状があれば早めに医師の判断を仰ぐようにしましょう。

白内障の対策方法

白内障を予防する方法としては、発症の原因になるといわれている紫外線を回避することが挙げられます。陽が強いときには帽子や日傘などを使い、紫外線から目を守ることがポイントです。

長時間にわたりパソコンを使用するなど、目を酷使しやすい人は休みながら行うよう心がけましょう。

アトピーなどの全身疾患にかかっている場合も、白内障を発症する可能性があります。

普段診察を受けている医師とよく話し合いながら、白内障を事前に予防できるよう心掛けていくことが大切です。

万が一、白内障を発症してしまった場合でも、現在は手術を行い治療することができます。

ただし、手術後は以前と見え方が変わったと感じる人が多いようです。白内障は治ったものの、眼精疲労が続くというケースも考えられるので、その場合は眼精疲労を改善する対策を続けていきましょう。

このサイトの人気ページ

 
ページの先頭へ