完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
目の疲れとはもうサヨナラ!眼精疲労から解放されるスッキリサイト
症状別・眼精疲労の原因まとめ
眼精疲労の正しい対策方法をチェック
眼精疲労の解消をサポートする健康成分について
特集!眼精疲労対策サプリメントを比較
眼精疲労の症状と対策TOP » 眼精疲労と病気の関係 » 眼瞼下垂

眼瞼下垂

以前からまぶたが重いように感じたり、長期的な肩こりに悩まされている…。そんな人は、もしかしたら眼瞼下垂の症状が現れているかもしれません。

原因不明の眼精疲労が、実は眼瞼下垂によって引き起こされているというケースもあるようです。

眼瞼下垂と眼精疲労

長期的な眼精疲労や肩こりに悩まされているものの、いまいち原因がわからずに困ってしまっているという人は、眼瞼下垂の可能性を疑ってみましょう。

眼瞼下垂とは、上のまぶたを引き上げる目の筋肉が十分に発達していない状態のことを指しています。先天性と後天性の症状があり、後者は外傷による神経麻痺などが原因となっていることが考えられます。

一般的な眼精疲労であれば、目に負担がかからないよう休めながら生活していくことで改善することができます。しかしながら、眼瞼下垂はまぶたの筋肉にかかわる症状のため、ここを改善しないと症状が緩和することは難しいといえるでしょう。

まぶたを上げる筋肉が弱い状態なので、カバーするために頭や肩まわりの筋肉を使うことになります。結果として頭痛が起きたり、長期的な肩こりにつながってしまうようです。

眼瞼下垂の対策方法

眼瞼下垂はまぶたの筋肉の異常であるため、基本的には外科手術で改善することが必要になります。大型病院をはじめ、眼科や美容外科でも手術を受けることができます。

手術にあたっては、上まぶたを3㎝前後切開して行います。眼瞼挙筋腱膜と呼ばれる部分を瞼板に縫いつけることで、まぶたを持ち上げる力を回復させます。

プチ整形と呼ばれる目元の手術とは違い、眼瞼下垂は保険が適用される手術なので治療費は比較的安く済みます。

ただし、知名度の高い美容クリニックなどで手術を受ける場合は、審美的な要素が強いためか費用が高額になるケースもあるので比較検討が必要です。

すぐに手術を行うことができないという人は、まずは眼精疲労を緩和する対策方法から始めてみてください。

温めたタオルを目にのせて筋肉をやわらげ、血行を促したり、定期的に目の周りをマッサージして疲れをとるようにしましょう。

このサイトの人気ページ

 
ページの先頭へ