完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
完全ガイド!眼精疲労の症状と対策
目の疲れとはもうサヨナラ!眼精疲労から解放されるスッキリサイト
症状別・眼精疲労の原因まとめ
眼精疲労の正しい対策方法をチェック
眼精疲労の解消をサポートする健康成分について
特集!眼精疲労対策サプリメントを比較
眼精疲労の症状と対策TOP » 眼精疲労と病気の関係 » 【番外編】疲れ目と眼精疲労の違いとは

【番外編】疲れ目と眼精疲労の違いとは

似ている言葉なので混同されやすい、疲れ目と眼精疲労の違いとは?
症状や原因を比較しながら解説し、あわせて疲れ目の対策も紹介します。

言葉は似ているが中身は違う!疲れ目と眼精疲労

疲れ目と眼精疲労は、同じような言葉であり、どちらもよく聞く言葉なので、混同している人も多いと思いますが、実は中身が違います。

疲れ目は、いわば眼精疲労の入り口のようなもの。この入り口を自由に出たり入ったりできる状態が、疲れ目。
入り口から遠くまで行ってしまい、簡単には戻ることができなくなった状態が、眼精疲労。
そう考えれば分かりやすいと思います。

疲れ目と眼精疲労。具体的にどう違うの?

疲れ目と眼精疲労の入り口は同じですが、症状のレベルや種類が違います。

疲れ目

目を使いすぎたときだけに、一時的に現れる症状です。
症状は、目だけに現れます。
目が痛い、目が乾く、視力が低下する、ピントが合わせづらくなる、目を開けにくくなる…、など。

よくある症状ですよね。少しソファに横になったり、一晩ゆっくりと睡眠を取ったりすれば、すぐに改善します。

眼精疲労

目を使いすぎたときだけでなく、常に現れている症状です。
症状は、目に限らず、全身に現れます。
目の疲れや痛み、ドライアイなどを始め、肩コリ、首のコリ、頭痛、吐き気、めまい…、といった症状です。

眼精疲労は、一晩ゆっくりと睡眠をとっても、改善しません。根本的な習慣を変える必要があります。

疲れ目の予防と対策

疲れ目の予防・対策としては、その原因を作らないことです。

パソコンやゲームを長時間やるときは休憩をはさむ

1時間に1回は休憩をはさみましょう。10分程度の休憩で十分です。
休憩中は、できれば目を閉じて、軽く目の周辺をマッサージすると良いでしょう。
目玉をグルグル回して、眼球の筋肉をほぐすのも効果的です。

部屋の明るさとパソコン画面の明るさを合わせる

パソコンの文字や画像を鮮明に見るために、画面を明るめに設定している人がいます。
パソコン画面の明るさと部屋の明るさとが、あまりにも違うと、目が疲れます
適切な明るさに調整しましょう。

目を酷使した日は十分な睡眠をとる

疲れ目は、一晩、十分な睡眠をとれば回復します。
目を使いすぎた日は、夜は無理をせず、早めに床につくようにしましょう。

なお、十分に睡眠をとっても回復しない場合には、眼精疲労の可能性があります。

このサイトの人気ページ

 
ページの先頭へ